驚きとともに

無事 届け出をいたしまして
わたくし ひろた晶子は「会いに行ける候補者」として
これより1週間 毎日お店に在勤しております
どうぞよろしくお願いいたします

市役所にて 小学校の朝礼ですか?と勘違いするような衝撃的な注意をうけました
締め切りぎりぎりにかけ込んだ方たちもいらっしゃったので
特にそういう方たちには聞いておいてほしかったなぁと
これは政治屋にだけではなく ぜひ市民の皆さまにも聞いておいてほしい内容です
一般的な常識のある社会の一員として 大変恥ずかしいものでした
おそらく政治屋あるあるで「なりたい」だけの人は何も感じないからできるのでしょう
「まず始めに 点字ブロックの上や音声案内など 視覚障害者の方の妨げになるような形で
拡声器を置いたり使用したり迷惑をかけるようなことはくれぐれもないようにお願いします
これは説明会でも 紙面でもさらに追加で郵送でもお知らせしてきていますが
選挙期間前ですが すでに多数の声が通報として色々なところに入っております」
絶句でした これが 一般的な社会常識を持ち合わせた大人 しかもこれから
市民の代表になろうという意思を持った集まりの前でする注意ですか?

「こころの声」ではっきり書いてある通りですが
私はそもそも拡声器を使うような迷惑な行為はしていませんし する予定もありません
心外で不本意 はっきり言って本当に恥ずかしく呆れてしまいました
あさましい とはまさにこのこと 何が一番いやかというと 世の中に出たら
こんなことを注意されるようなあの人達と同じくくりで 皆さんから見られてしまうこと
これだから政治屋っていうのは 市民に敵視されてしまうんだと
これから待ちうける厳しい現実を目の当たりにしました
いやもう冒頭から衝撃ですよ この私がそんな視線を向けられるなんてありえない

そんなスタートを切った選挙期間でした
皆さんは 政治屋なんかにはじめっから期待してないし
なんておっしゃらずに ぜひいま一度思い直していただき
あきらめずに 投票にだけは行ってもらえることを願うばかりです

あまり知られてないようですが 忘れたり なくした人も安心してください
送付された投票の入場券をはなくても
身分証明書だけあれば 手ぶらで投票はできます
期日前投票は始まっています
ちょっと空いた時間で 思い立った場所でいいのでぜひ投票へ