変わりばえなし

ゴールデンウィーク
みなさまそれぞれの過ごし方をされていることでしょう
半世紀近くの自分の人生を振り返ってみました
両親ともに兄弟姉妹 そのいとこ はとこが多く
幼いころは正月に親族一同集まっていた とてもにぎやかで楽しかった思い出
さて お正月以外は・・・ふと思い出してみれば
世間一般的な休みに休んだり出かけた覚えがないことに気がづきました

常に何かしらの生き物を複数飼っていること
パラアスリートにかかわり土日は絶対に練習か試合や遠征
家族でチームや協会を運営していたので 私だけではなく家族総出
自分もフィギュアスケート競技者として基本的に毎日練習
春・夏・冬休みのような長期休暇は合宿
その後 始めたのは24時間年中無休の仕事
そして今は飲食業
そんなわけで今までずっとカレンダー通りの休みや連休に縁がなく
世の中が休みだから休む 休まなくてはという概念がありません
その結果休みたい時に休める それができる生き方を選んできたように思います

世間を騒がせている働き方改革にも含まれることだと思いますが
休みが欲しくても取れない人は世の中にたくさんいます
休みたい日を選ぶ以前に そもそも休みが取れない人が多いという現実
逆に「すごいね よく毎日やれるよね」とお声がけいただくのですが
「すごい」とか「よくできるね」と言われることを なんとなくしか理解していませんでした
好きでやってることだし やらされていないのだから 毎日やればいいだけ
同じことを繰り返すだけなので なにもむずかしくないと今までは思っていたのですが
もしやこれは習慣やあたり前になっているだけなのかもしれないと 今更気づいた気がします
これまで積み重ねてきた人生の恒常性を維持しようとする 無意識の働きなのかもしれません

だれかに定められて休みを過ごすことがどういう生活なのか 経験したことがない想像の世界
まるでちがう星のことを見ているような感じで ニュースを聞いています
何かの答えがわかったような すっきりした気分になれた変わらない日曜日でした